ちょっぴりエッチな大人のブログ

ちょっとエッチな気になる世間の話題を掲載

異常気象

気象予報士業界も「異常気象」? 不倫体質は仕事柄か社風か(NEWS ポストセブン)

気象予報士業界も「異常気象」? 不倫体質は仕事柄か社風か
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150110-00000003-pseven-ent
NEWS ポストセブン 1月10日(土)7時6分配信


 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が、巷で話題の芸能ニュースをさらに突っ込んで分析する「芸能耳年増」の連載が本サイトにてスタート。今回は、昨年末に世間を騒がせた気象予報士のW不倫ネタを斬る!

 * * *
 向井理&国仲涼子、杏&東出昌大だけではないだろうとは予想していたが、すっかり忘れていた永井大と中越典子がゴールインしたり、まさかの米倉涼子だとか、菊地凛子&染谷将太という“国際派”年の差婚があったり…と、オメデタ続きだった年末年始。

「こんなに多くの芸能人が結婚した年末年始は初めて」(フジテレビ系『めざましテレビ』の軽部真一アナ談)だそうである。

 そんな中、やがて正月休みに入ろうというワイドショーのスタッフたちをザワつかせた芸能ネタはこうした結婚話ではなかった。昨年末発売の『週刊文春』(1月1日・8日 新年特大号)に掲載された「NHKお天気お姉さん 岡村真美子 “変態ダブル不倫”低気圧」なる見出しで報じられた、通称「魔法少女」の岡村さんと、「妻子持ち気象予報士」TBS系『ひるおび』の佐藤大介氏、そして「気象庁関係者」A氏にまつわる記事だ。

 ふつう、W不倫というのは、共に結婚している男女が不倫することを指すが、今回は、女性の岡村さんは独身で、佐藤さんとAさんは妻子持ちという変態、いや変形W不倫。記事によれば、岡村さんと佐藤さんの関係を知ったA氏が、あろうことか佐藤さんの自宅を訪れ、全てをぶちまけようと企て、警察沙汰になったのだという。

 記事には岡村さんと佐藤さんがベッタリ寄り添う写真が何枚も掲載されており、その出所を辿るだけでも、当事者3人のドタバタぶりがわかろうというものだ。

『週刊文春』発売を受け、岡村さんと佐藤さんが所属する『ウェザーマップ』のHPには「お詫びとご報告」なる文章がアップされた。

「このたびの当社所属気象予報士佐藤大介、同岡村真美子に関する一連の報道の件について、関係者および視聴者の皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけしましたこと、ここにお詫び申し上げます。上記2名につきましては、ニュース番組で気象情報をお伝えするという役割の重要性に鑑み、NHK『ニュース7』、TBS『ひるおび!』内『JNNニュース』の各番組に対し、降板の申し入れをいたしました」(後略)

 その後、同社のHPはパンク状態に陥り、年末年始の気象予報などが一切閲覧できなくなった。年明け、やっとつながったHPを閲覧したところ、50名以上所属するお天気キャスター一覧のページに、岡村さんと佐藤さんのプロフィール写真はなくなっていた。
 
「異常気象」という言葉が一般化し、「爆弾低気圧」「殺人台風」といった物騒なワードが天気予報で聞かれるようになった昨今。ニュース番組やワイドショーでは天気予報の時間がどんどん長くなっている。『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)をはじめ、冒頭から気象ネタというワイドショーも少なくなく、そこには必ず「気象予報士の〇〇さん」が登場する。

 資格取得は年々難しくなっているそうで、「石原良純が取ったときからは比べものにならない」(某気象予報士談)らしい(苦笑)。というワケで、この資格を取得すれば“女子アナ30才定年説”もクリアできる…と、有名気象予報士を局に呼んで勉強会を開いているテレビ局もあるのだが、「ボクの教え方がいけないんでしょうか。いままでひとりも受かったことがない」(同前)というほど、狭き門だそうだ。

 が、『めざましテレビ』(フジテレビ系)の歴代お天気キャスターのように、資格をもたずにお天気コーナーを担当しているキャスターもいる。かつて皆藤愛子さんは「私は気象予報士さんの予報を読んでるだけです!」と天真爛漫に答えていたっけ。

 それでも彼女は長年「好きな気象予報士・お天気キャスターランキング」のトップに君臨していたし、『めざまし~』の場合は、角田華子さんが昔から「華ちゃん」と、名前に“ちゃんづけ”して呼ばれ、視聴者からもスタッフからも愛されている。

 この可愛がられっぷりは他局も同様で、私が以前出演していた『やじうま土曜日』(テレビ朝日系)のお天気を担当していた山岸舞彩さんも、局アナやコメンテーターから「舞彩ちゃん」と呼ばれ、女子アナとはまた別の愛され方をしていたように記憶する。

 晴れて気象予報士の資格を取得してからも、自分ひとりで予報できる人というのはなかなかいないらしく、先輩の予報士や仲間と情報交換しながら生放送に立っている予報士たち。今回、佐藤大介さんは『週刊文春』の取材に対し、自分は岡村さんの“教育係”だったというように答えているが、そういう“間柄”はわりとよく聞く話なのである。


 実は、「気象予報士」「不倫」「訴えられる」というワードで出て来る話が2年前にもあった。主人公は、在京局のアナウンサーで気象予報士の資格をもつKアナと、お天気キャスターのNさんだ。当時、報じた週刊誌によれば、Kアナとの仲を疑ったNさんの夫がKさんを訴えた…とのこと。二人は関係を否定したが、その後、Nさん夫妻は離婚してしまったと聞く。

 その記事中、コメントを寄せていたのがNさんの師匠であり、Kアナとも顔見知りの森田正光氏。そう、TBS系の天気予報でおなじみであり、日本全国の気象予報士の中でもっとも有名だと思われる「森田さん」である。

 その記事を読み驚いたのが、この件で取材を求められた森田さんのコメントというのが何ともいえずユルく、否定するでも二人を庇うでもないようなものだったことである。

 実は「森田さん」も2度、不倫騒動を週刊誌に報じられた“過去”があるため、あまり強くは言えなかったということなのだろうか。そして件の『ウェザーマップ』代表が、その森田さんなのである。

「これって社風なのでは?」。長年、各局のワイドショーを渡り歩いているフリーディレクターが苦笑していたが、新年、恒例の『森田さんのニッポン初日の出』(TBS系)に出演していた森田さんの様子をみると、氏のポジションは安泰であるようだ。「気象協会の森田さん」から、一度は落ちたが気象予報士の試験にも無事合格し、日本一の人気お天気キャスターとなった森田さんにとって、一度や二度の部下の不倫騒動など、通り雨みたいなものだったというのだろうか。

 ちなみにこの不倫騒動、『ウェザーマップ』以外の気象予報士さんたちによれば、「タレント気取りしているから、こんなことになるんじゃないの?」で意見は一致しているらしい。

 出入りしているテレビ局やラジオ局、さらには番組スタッフや出演者にも迷惑がかかる。さらには、下手すれば命に関わる天気予報だ。せっかく難しい試験を通って、気象予報士の資格を取得したのだから、しっかりしてもらいたいものだ。

安心して利用できる出会い系コミュニティサイト


口コミ人気出会いコミュニティサイト


家出少女掲示板


完全無料不倫浮気掲示板


全国地域別SNSコミュニティ出会い掲示板


ちょっぴりエッチな大人の秘密の出会い



セフコレ 登録不要、無料で会えると評判のコミュニティサイト。



お願い熟女 無料で会えると評判のコミュニティサイト。



自由恋愛 セフレギネス更新中。老舗のコミュニティサイト。



イクヨクルヨ 会員数600万人出会えるSNSならイククル!



PCMAX 会員数400万人突破



ミントC!Jメール 創業12年 会員数300万人突破



ハッピーメール 日本最大級の恋愛コミュニティサイト









アンデス山脈の氷河融解、気候変動で危機的状況に  AFP

【12月4日 AFP】アンデス(Andes)山脈の熱帯氷河は、融解が憂慮すべき速度で進行しており、それを食い止めるための手立てを講じる間もなくその多くが消失してしまうとの懸念を科学者らにもたらしている。──。

 エクアドルからボリビア、コロンビア、ペルーにわたって点在するこの熱帯氷河をめぐり、現在ペルーの首都リマ(Lima)で開催されている国連(UN)の気候変動会議で詳細な話し合いが行われている。世界195か国が参加する同会議の目的は、地球に温暖化をもたらす炭素ガス排出量を削減するための国際的な取り決めの枠組みを打ち出すことだ。

 熱帯氷河の融解は、アンデス地方の淡水の供給を脅かす上、海面上昇の原因となる恐れもある。

 エクアドルでこの現象の調査を初めて行った研究者の一人、国立気象水文研究所(INAMHI)のボリバル・カセレス(Bolivar Caceres)氏は長年にわたり、雪深い7つの火山の上に位置する同国の氷河が後退する様子を観察してきた。

 1980年代末当時、エクアドルには92平方キロに及ぶ氷河が存在したが、この面積は2010年までに42平方キロに縮小した。またカセレス氏によると、今年はさらに38平方キロにまで減少するとみられているという。ボリビア、コロンビア、ペルーでも、同様の現象が起きている。

 氷河融解の原因の少なくとも一部は、自然のサイクルだと科学者らは説明する。だがその一方で、人為的原因による地球温暖化が事態をさらに悪化させていることを示す証拠も増えているという。

「まだ分かっていないことは、人間の活動が氷河の融解をどの程度加速させてきたかということだ」とカセレス氏は指摘する。

■気候変動の「見張り番」

 20世紀初めから現在までに世界気温が0.8度上昇したことは、世界中の氷河に影響を及している。そのため気象学者らは、氷床の融解を地球温暖化の「見張り番」と呼ぶ。

 フランスに本局がある開発研究局(Institute for Development Research 、IRD)のオリビエ・ダングルズ(Olivier Dangles)エクアドル支局長は「最悪の影響は極地方で起きているが、熱帯地方にある山岳地帯での影響も甚大だ」と語る。

 例えばボリビアでは、チャカルタヤ(Chacaltaya)山にかつて存在した万年雪は、4年前に消失した。同山にはかつて、標高5400メートルの世界最高所のスキー場があった。

 他方ペルーでも、氷河が1970年以降で40%あまり縮小しており、これが原因で新たな湖沼地が1000か所近く形成されていると同国の水資源当局が発表している。

 この現象を受け、ペルーの先住民らは古くから行われてきたインカ(Inca)帝国の祭り「コイヨリッティ(Qoyllur Rit'i)」の内容を、状況に合わせて変更せざるを得なくなった。祭りではこれまで、何世代にわたり、参加者が氷河に登って氷の塊を持ち帰る行事が続けられてきた。

 IRDが資金を提供した2011年の研究によると、これらの氷河の融解は、海面を24センチ上昇させる上、河川の容積と構成を変化させる可能性があるという。さらには、生態系で重要な位置を占めるカエルやハエなど、この環境に生息する生物種も絶滅の危機にさらされる。

 ダングルズ支局長は「氷河が1つ融解するのは、まるで画家のパレットから色が1色失われるようなもの。この場合、画家は自然だ」と述べ、「それぞれの色は、かけがえのない生態系である」と続けた。(c)AFP/Héctor VELASCO


http://www.afpbb.com/articles/-/3033435  

登録無料 当たると噂の占いサイト

イケメン、お金、性格……絶対に譲れない恋人の第一条件がわかる心理テスト

あなたのご先祖様を診断してみませんか

安心して利用できる出会い系コミュニティサイト

口コミ人気出会いコミュニティサイト

家出少女掲示板

完全無料不倫浮気掲示板

全国地域別SNSコミュニティ出会い掲示板

ちょっぴりエッチな大人の出会い

出会いサイト総合情報

エッチな秘密の出会い

お願い熟女 健全無料で会えると評判のコミュニティサイト。

自由恋愛 潔白出会いギネス更新中。老舗のコミュニティサイト。

セフコレ 登録不要、無料で会えると評判のコミュニティサイト。

イクヨクルヨ 会員数600万人


イククル - サクラ無し完全素人600万人

PCMAX 会員数400万人突破


JJ、ViVi等有名女性誌にも広告掲載中♪ 日本最大級コミュニティサイトPCMAX

ミントC!Jメール 創業12年 会員数300万人突破


出会いを提供して27年の優良サイト!

気軽なメル友から真剣な恋人探しまで。出会いといえば、ワイワイシー


ライブドア運営の安心サイト

会員登録無料!安心・優良コミュニティーサイト!ハッピーメールはココ!<18禁>


HAPPYMAIL<18禁>






 

2014年の世界平均気温、観測史上最高の可能性 国連  AFP

【12月4日 AFP】国連(UN)の世界気象機関(World Meteorological Organisation、WMO)は3日、今年の世界の年間平均気温が、観測史上最高になる可能性があると発表した。

 WMOは、南米ペルーの首都リマ(Lima)で開催中の国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)に合わせた報告で、「2014年は、観測史上最も暑い年でないとしても、最も暑い年の一つとなる見込みだ」と指摘。

 2014年の暫定的データによると、年間平均気温の上位15位内に入る年のうち14は21世紀以降だった。WMOのミシェル・ジャロー(Michel Jarraud)事務局長は報道機関向けの声明で、「今年特に異常で警戒すべきなのは、北半球を含む広大な海面の温度上昇だ」と指摘している。

 WMOによると、今年1月から10月の地球の陸海表面平均温度は、1961~90年の平均温度14度より約0.57度高く、2004~2013年の10年間の平均を0.09度上回った。 「この傾向が11月と12月も続くならば、2014年は2010年、2005年、1998年を抜いて観測史上最も暑い年となる可能性が高い」という。

 WMOによると、今年の海面温度はこれまでのところ観測史上最高で、1961~90年の平均を約0.45度上回った。(c)AFP/Marie Sanz


http://www.afpbb.com/articles/-/3033362  

登録無料 当たると噂の占いサイト

イケメン、お金、性格……絶対に譲れない恋人の第一条件がわかる心理テスト

あなたのご先祖様を診断してみませんか

安心して利用できる出会い系コミュニティサイト

口コミ人気出会いコミュニティサイト

家出少女掲示板

完全無料不倫浮気掲示板

全国地域別SNSコミュニティ出会い掲示板

ちょっぴりエッチな大人の出会い

出会いサイト総合情報

エッチな秘密の出会い

お願い熟女 健全無料で会えると評判のコミュニティサイト。

自由恋愛 潔白出会いギネス更新中。老舗のコミュニティサイト。

セフコレ 登録不要、無料で会えると評判のコミュニティサイト。

イクヨクルヨ 会員数600万人


イククル - サクラ無し完全素人600万人

PCMAX 会員数400万人突破


JJ、ViVi等有名女性誌にも広告掲載中♪ 日本最大級コミュニティサイトPCMAX

ミントC!Jメール 創業12年 会員数300万人突破


出会いを提供して27年の優良サイト!

気軽なメル友から真剣な恋人探しまで。出会いといえば、ワイワイシー


ライブドア運営の安心サイト

会員登録無料!安心・優良コミュニティーサイト!ハッピーメールはココ!<18禁>


HAPPYMAIL<18禁>






 

【大災害】フィリピンに今年最強クラスの巨大台風が上陸!50万人が緊急避難!昨年の大型台風では6000人以上が犠牲に new!!

new_screenshot06-12-2014 161314poiu11
フィリピンの首都に勢力の大きな大型台風が上陸しています。上陸時の勢力は中心気圧が925ヘクトパスカルで、最大瞬間風速は70メートルを観測しました。規模は今年最強クラスで、12月6日夕方から12月7日朝にかけてフィリピン中部を通過する見通しです。
フィリピンでは昨年も同じ様な巨大台風が中部を通過し、7000人以上の犠牲者が発生しました。そのため、フィリピン政府は最大限の対策を呼び掛けており、約50万人の住民が既に学校や教会などの施設に避難しています。

フィリピンの場所だと日本よりも台風の勢力が強い事が多いですね。フィリピンという場所の時点で台風を避けるのはほぼ不可能ですが、何とか犠牲者だけは減らして欲しいと思います。
それにしても、この時期に台風というのも珍しいです。やはり、地球規模で環境に異常が出ているということなのでしょう。


☆猛烈な台風22号、6日夕にもサマール島に上陸か フィリピン
URL http://www.cnn.co.jp/world/35057528.html

引用:
気象観測当局者によると、上陸後は首都マニラの南部を通過して同国北西部を進むとみられる。同国を抜けるのは10日と予報している。
突風、洪水や高潮による被害への懸念も強まっている。降雨量は1時間当たり7.5~20ミリと予想され、高潮は最大で5メートルとしている。
タクロバンのロムアルデス市長は6000人以上の犠牲者が出た昨年の台風を教訓に今回の備えは改善していると指摘。住民は暴風雨襲来の警告を深刻に受け止め、大半が既に避難したと述べた。
:引用終了

☆フィリピン 台風に警戒 50万人が避難
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141206/t10013764021000.html

引用:
フィリピン政府によりますと、台風の上陸に備えて去年の台風で壊滅的な被害を受けたレイテ島のタクロバンや、サマール島など、中部を中心にこれまでにおよそ50万人が学校や教会などに避難していて、避難する人の数は今後さらに増えるものとみられています。
また、今回は台風が接近する時期と大潮の時期が重なり、満潮の時間帯を中心に潮位が高くなることから、フィリピン政府は強風や大雨による土砂災害のほか、沿岸部の高潮にも警戒するよう呼びかけています。
:引用終了

☆気象庁 台風情報
URL http://www.jma.go.jp/jp/typh/1422.html

new_screenshot06-12-2014 161024poiuy1

☆非常に強い台風22号 フィリピン直撃へ 去年も・・・(14/12/06)
登録無料 当たると噂の占いサイト

イケメン、お金、性格……絶対に譲れない恋人の第一条件がわかる心理テスト

あなたのご先祖様を診断してみませんか

安心して利用できる出会い系コミュニティサイト

口コミ人気出会いコミュニティサイト

家出少女掲示板

完全無料不倫浮気掲示板

全国地域別SNSコミュニティ出会い掲示板

ちょっぴりエッチな大人の出会い

出会いサイト総合情報

エッチな秘密の出会い

お願い熟女 健全無料で会えると評判のコミュニティサイト。

自由恋愛 潔白出会いギネス更新中。老舗のコミュニティサイト。

セフコレ 登録不要、無料で会えると評判のコミュニティサイト。

イクヨクルヨ 会員数600万人


イククル - サクラ無し完全素人600万人

PCMAX 会員数400万人突破


JJ、ViVi等有名女性誌にも広告掲載中♪ 日本最大級コミュニティサイトPCMAX

ミントC!Jメール 創業12年 会員数300万人突破


出会いを提供して27年の優良サイト!

気軽なメル友から真剣な恋人探しまで。出会いといえば、ワイワイシー


ライブドア運営の安心サイト

会員登録無料!安心・優良コミュニティーサイト!ハッピーメールはココ!<18禁>


HAPPYMAIL<18禁>






これは何の前兆なのか「異常気象」 壊れ始めた日本列島 (週刊現代) 

これは何の前兆なのか「異常気象」 壊れ始めた日本列島
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32702
2012年06月06日(水)週刊現代 :現代ビジネス


 長雨と冷夏 竜巻と雹 爆弾低気圧とゲリラ豪雨1m長の巨大な肉食生物が都会に大量発生、切っても切っても死なずに増殖していく

 どこかヘンな近頃の空模様。快晴だと思った途端、暗くなり、雷が鳴り、強風とともに雨や雹が落ちてくる。もしそれが通り過ぎた後、日本が壊れるほどの「青天の霹靂」が襲って来るとしたら---。

■雨上がりのエイリアン

 ある朝、自宅の玄関を出た男性は、何かひものようなものを踏みつけた。

「足元で、1mはゆうにある細長くて黄色く光った奇妙な物体がうねっていました。よくよく見ると、頭らしき部分が三角形をしていて、どうやら生き物らしい。踏みつけた拍子に、胴体は真っ二つになってしまったんですが、二つともクネクネ動いていて、正直、気味が悪かったです。妻に聞いたら、長さは違えど、自宅周辺で、このところ何回も見ているようです」

 男性が目の当たりにしたこの生物、名前をオオミスジコウガイビルという。ヒルと銘打たれているものの、種は異なり、人間の腸に寄生するサナダムシの仲間である。扇状の頭にではなく、腹の部分にある口で、好物のミミズやナメクジを捕食する肉食生物だ。

 体長が1m以上に育つこともあり、梅雨の時期になると繁殖して地に這い出てくるため、〝雨上がりのエイリアン〟と呼ぶ人もいる。

 東京医大名誉教授の牧野尚哉氏が解説する。

「普通は湿った土壌を好む目立たない外来種なんですが、ここ最近、日本の大都市でも目にするようになりました。天敵はあまりおらず、体を切られても死にません。植木鉢の底についての移動も見られますが、仮に車に轢かれたとしても、タイヤの溝についた切れ端がそのまま移動して、別の場所で再生します。生存環境が悪くなると、自分で身体を切り離し、数個体に生まれ変わったりもする。

 なぜ、急激に増え出したのかは不明です。大きな視点で考えれば、温暖化の影響がないとも言い切れないのですが」

 人体への直接的被害はないものの、この時期に、コウガイビルは都内で大量発生、地面やマンションの壁を這い、人々を驚かせている。

 最近の豪雨あるいは長雨のおかげで、湿った環境を好むこの肉食動物が幅を利かせることになった。果たして、彼らは単に大雨が降ったせいで増えただけなのか、それ以上の「何か」が起こる前兆なのか---。

 今年に入り、例年にも増して日本列島の気象は狂っている。記憶に新しいのは5月6日に茨城県つくば市などを襲い、50人以上の死傷者を出した竜巻だろう。積乱雲が巨大に発達したこの日、宮城県仙台市でも激しい雷雨と雹に見舞われ、Jリーグの試合が一時中断された。

 東京の調布市では6日に加えて18日にも局地的に雹が降り注ぎ、農作物に穴が空くなどの被害があった。

「急激に発達する爆弾低気圧、つまりスーパー低気圧が、今回の雹や竜巻を起こしています。私が気象学を研究し始めた50年前には極めて珍しい低気圧だったのに、最近は頻繁に発生している」(『異常気象学入門』の著作がある増田善信氏)

 梅雨にはまだ一足早い時期に、各地で豪雨が被害をもたらし、寒暖の変動も激しい、不安定な日々が続いている。この日本列島は自然の猛威によって壊され始めているのだ。

■気候の激甚化

「地球温暖化」の議論とは対照的に、地球は寒冷化に向かっているとのデータが、国立天文台などの国際研究チームから発表された。今夏は冷夏になるという見通しもある中、この長期的な寒冷化もまた、異常気象の原因となっている。

 神奈川大学名誉教授の桜井邦朋氏は、太陽の活動の不活性化に注目している。

「'00年頃まで太陽の活動が活発化してきたのに、それがピタッと止まってしまった。歴史的に太陽の活動が静かになり、地球が寒冷化すると、異常気象が頻発するといわれている。それに伴い、冷たい雨が長く降り続く気候へと変わっていくのではないでしょうか。

 たとえば平安時代は、太陽は活発化して気候は穏やかだった。その証拠に当時の絵巻物を見ても人々は薄着だし、部屋のふすまも閉めていない。その反対に徳川家光の時代、地球は寒冷化し、不作が続いた。

 当時、『こんなマズイものは食べられない』と食事に文句を言った家光が、乳母の春日局から『庶民が飢えているんだから、将軍であるあなたがワガママを言うな』と諭されたそうです」

 桜井氏によれば、寒冷化に伴う冷夏と長雨によってもっとも被害を受けるのは農業であり、食糧危機が訪れるという。たとえば品種改良が間に合わず、より寒い北海道のコメは全滅する。

 さらに、世界中で食糧が不足、日本への穀物輸出がストップするため、自給率の低い日本では、全土で飢饉が起きかねないと警鐘を鳴らしている。

 他方、「気候の激甚化」が異常気象の特徴であり、それによって水害が起きると語るのは、広島大学准教授の長沼毅氏である。

「毎年のように、『100年に一度の豪雨』と謳われる雨が降っていますが、そもそも100年に一度の大雨が毎年降るなんて異常ですよね。

 竜巻に遭ったつくば市は昔から積乱雲が発達しやすい地域なのですが、今回はスーパーセル(巨大積乱雲)にまで発達してしまった。最近の天気予報が当たらないのも、局所的なゲリラ豪雨のように東京23区でそれぞれ違った降り方をするようになったからです。昔の雨は広く薄く降りましたが、今の雨はドカンとまとまって降る。いずれも気候の激甚化によるものと考えられます」

 これまでは雨が土に吸い込まれて岩盤に浸透し、地下水となって蓄えられていたのに、現在の雨は瞬間的に強く降るために、雨を吸い込むはずの表土自身が、川や海に押し流されてしまうようになる。

 すると、一気に水嵩が増し、堤防の決壊や洪水といった水害の原因となる。同時に、地下水が涸れることにつながり、必然的に川もやせ細っていくという。

「地下水が涵養されなくなったため、日本中の川が涸れ始めているんです。たとえば、高知の四万十川はひどく、増水しても『沈下橋』が沈まなくなっている。

 また日本各地で土砂災害が続いていることと、地下水の枯渇とは、決して無関係ではない。地下水の枯渇によって、国内のあちこちで地盤沈下が起こるのではないかと心配しています。東京の街も地下水圧が支えていますから、高層ビルがどんどん沈んでいってしまう」(長沼氏)

■爆弾低気圧

 気候そのものが、緩やかにではなく短期的に移り変わる原因を、地球規模の気候変動から捉えようとしているのは、帝京大学教授の三上岳彦氏だ。

「気候には暑い、寒いだけでなく、不安定な時期と安定した時期があります。ここ30年間、地球の気温は上昇し続けており、今は気候が大きく変動する時期に入っている。

 毎年、気温の乱高下を繰り返しているので、竜巻や雹などが起こりやすくなるんです。温暖化や寒冷化など、人類はここまでの変動を経験したことがないから、今後、どんな異常気象が起きても不思議ではありません」

 実際、「異常気象」がもたらすのは、大雨や雹、竜巻だけではない。大地震や大噴火といった、本来、気象とは関係がないと思われていた災害の遠因ともなりうるのである。

「異常気象が大地震を引き起こす、あるいは大地震が異常気象を引き起こす可能性がある。もちろん、低気圧だけで大地震は起こりませんが、強い低気圧が張り出すと、地面を押さえつけている気圧の力が大きく緩みますから、地震が誘発されてしまうのです。

 また逆に、大地震に伴う地軸の揺れがスーパー低気圧を発生させることで、様々な異常気象が次々と引き起こされる」(琉球大学名誉教授の木村政昭氏)

 低気圧によって地震が誘発されると、それによる地軸の揺れや地殻が割れる際に発生した電磁波が、今度は大気に影響を与えて、異常気象を引き起こす。

 要するに、無関係であるはずの、「天」と「地」の災害が一体となり、その循環が止まらず、「災害のスパイラル」が起きるというのである。そうなればたまったものではない。

 しかも、スーパー低気圧がスパイラルの最後の引き金を引いてしまうような「噴火手前」、「地震手前」の場所が日本列島には数多くある。

「たとえば噴火ストレスが相当溜まっている富士山では、噴火口内のマグマが上昇しているのは間違いない。昨年の東日本大震災後には富士山周辺で、水噴火によると思われる湧き水が大量に出てきています。

 869年に三陸沖で起きた貞観地震はM9以上とも推測されますが、富士山爆発の5年後に起きている。それとの類似を考えれば、活動が活発化している富士山が噴火すれば、それに連動して大地震が起きる恐れがある」(木村氏)

 東海大学地震予知研究センター長の長尾年恭氏によれば、次に起こると予想される東海地震は、東南海、南海との3連動以上の超巨大地震である。その場合、噴火から地震の流れとは逆に、地震に富士山が連動して噴火する恐れもある。

 天災の同時多発こそが、現在の前兆から憂慮される一番の事態なのである。

■小さな異常

 過去、様々な天変地異に晒されてきた日本。歴史を振り返れば、想像を絶する大災害も起きている。

「1585年に起きた天正大地震は、東日本大震災以上の規模をもつ直下型地震でした。このとき現在の岐阜県大野郡白川村にあった帰雲城と城下町が、山崩れと雪崩に遭い、一夜にして影も形もなくなった。約1500人が生き埋めになったので〝日本のポンペイ〟と言われています。都心をこんな大地震が直撃すれば、高層ビル群が一夜にしてなくなるかもしれません」(歴史家で作家の加来耕三氏)

 いつどこに来るのかはわからないが、確実にやってくるのが天変地異。壊れ始めた日本列島に住む我々は、防災対策をより一層とるかもしれない。

 ただし、皮肉なことに、対策をとればとるほど、天変地異を誘発するというケースもある。たとえば、免震型だから大丈夫と超高層に建てられたビルにより、海風がさえぎられた都心部の気温が上昇することもひとつの典型だろう。

 歴史学者で立命館大学教授の山崎有恒氏が語る。

「川の氾濫を防ごうとセメントで堤防を築くと、土砂が詰まって川底が上がり、氾濫が起きやすくなる。堤防をつくっても、川底は上がる。人間が防災をやればやるほど、自然の脅威が増すという皮肉な現実があるんです。

 異常気象は、人間が様々な形で自然に手を加えたことの帰結かもしれません。防災の考えが生まれたのは、明治になってからで、江戸期以前の日本人は自然災害をあるがままに受け入れようとしました。たとえば空海は富士山噴火が起こったとき、近くを旅していた。慌てふためく人々の姿を直に見て、彼は自然を受け入れ、魂と導きの修養をするようになったんです」

 身に降りかかる天災とどう向き合うべきか。革新的技術ではなく、そんな精神的態度こそが実は何よりの〝防災手段〟につながるのかもしれない。

 前出の長沼氏も、我々は自然の脅威に対してもっと率直であるべきだと語る。

「異常気象を考えたとき、私は地球の奥底の部分でもっと大きな変化が起きているような気がするんです。人類の文明でこんなに急激な温暖化は経験がなかった。次の氷期が始まったら、200~300年程度では終わらない。もしかしたら今は、10万年続く氷期の入り口なのかもしれません。

 いつどんな激甚災害が起きてもおかしくないのですから、もっと小心者、臆病者になるべきです。あたかも雨は降らないと思う日にも傘を持って外出するように、3・11以降の私たちは考えを改めるべきなのではないでしょうか」

 あの肉食生物からどんな兆候を感じ取り、我々は何を考えるべきなのか。

 何気ない「小さな異常」が、甚大なカタストロフの先触れなのかもしれない。


「週刊現代」2012年6月9日号より


登録無料 当たると噂の占いサイト

イケメン、お金、性格……絶対に譲れない恋人の第一条件がわかる心理テスト

あなたのご先祖様を診断してみませんか

安心して利用できる出会い系コミュニティサイト
口コミ人気出会いコミュニティサイト
家出少女掲示板
完全無料不倫浮気掲示板
全国地域別SNSコミュニティ出会い掲示板
ちょっぴりエッチな大人の秘密の出会い
お願い熟女 無料で会えると評判のコミュニティサイト。
自由恋愛 セフレギネス更新中。老舗のコミュニティサイト。
セフコレ 登録不要、無料で会えると評判のコミュニティサイト。
PCMAX 出会いはJメール
リアルな恋愛サイト



記事検索
最新記事
プロフィール

s123a

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS