http://fukushima-diary.com/2011/10/news-a-raged-fukushima-citizen-talks-about-everything/
スタートして2分過ぎぐらいからインタヴューが始まります。

阿修羅の常連なら既にお知りでしょうが、一応、予備知識を以下にあげます。

プレス(報道・Press)=プロスティテュート(売春婦・Prostitute)=プレスティテュート(マスゴミ・Presstitute)

マスゴミの元締めはCIA・電通。電通は元日本軍特務諜報機関。それがOSS(米軍特務諜報)と合併。OSSは戦後ナチス・ゲシュタポと合併し、CIAとなる。俗にいう、ホワイトハット(白帽・国防・良心派)とブラックハット(黒帽・帝国主義・悪心派)がCIAに派閥としてある根源。

なんだかんだいって、東条英機に全て押しつけているが、東条が処刑された翌日に巣鴨から釈放されたA級戦犯: 岸(首相)・児玉(創価学会)・笹川(競艇賭博・日本財団)の売国奴が戦後のし上がったのは日本軍特務諜報のネットワークとCIAの癒着のおかげ。

とどのつまり、創価とか統一教会というのは元をたどれば、日本軍特務諜報の残党とCIAにコントロールされている。信者は知らないのか?、池田大作(ソン・テチャク)もブン・センミンもKCIA(朝鮮CIA)のエージェント。宗教無課税を利用して脱税金で麻薬ビジネスで北朝鮮の核武装資金を調達。

関東軍・甘粕大佐中心のアヘンビジネスを巷では東条のせいにするようだが、実際は甘粕は薩摩ワンワールド・メ―ソンネットワークのエージェント。陸軍大将・上杉勇作のネットーワーク。最終的には裏天皇・堀川辰吉朗をかついだ国粋主義・玄洋社(福岡・黒田藩)にたどりつく。

まあ、詳しくは落合氏の「周蔵手記」を読んでください:
http://2006530.blog69.fc2.com/blog-category-2.html

結局、皇族・貴族・財閥・宗教の富裕層ネットワーク(白足袋族)が官僚政治を牛じて原発利権マフィアとなり、痛い思いをするのは一般民衆だ。  
マスゴミが伝えない福島住民の怒り